前へ
次へ

英語ができる美容師の需要があります

専門学校では、英語の授業の内容を実際の美容師業務に合わせて行っています。
お客さまからの電話の受け方から、来店されたお客様の案内、実際に髪を切るときを想定した会話などを授業で行います。
実際に日本の美容室で働いていても、日本語ができないお客様が来店されるケースがあります。
現在の専門学校では英語で接客ができる美容師の養成を目指しています。
ハリウッドのメイクアップアーティストの中に日本人がいるように、海外でへアメイクアップアーティストになりたいと考える人もいます。
そのため、外国に行ってから一から英語を学ぶよりも、日本で美容師として働きながらある程度の会話を習っておくこともひとつの方法です。
職業別の英会話のコースを設定している英会話学校があります。
専門用語や、接客に必要な基本的な会話を学ぶことができます。

美容業界とグローバル化

寒いこの時期になるとお肌の乾燥や状態が気になる人も多いでしょうね。
そんな女性がアンテナをはる美容業界について、近年状況が変わってきています。
実は美容業界では、英語の力が重要視されるようになってきたのです。
とは言っても業界だけではなく、グローバル化されつつあり、最近では英語の大切さが言われていて、何でも小学校から英語の授業が必須になるほどですが。
海外の化粧品を説明したい時はもちろん、海外からの旅行客が増加しているので、接客や受注など広く使われているそうです。
今では、日本でも英語の時代になりつつあります。
将来的には、美容に詳しい女性の半分以上がネイティブ並みの語学力があるなんてこともあるかもしれません。
これをきに、美容関係に携わりたい人はもちろん、興味ある人も少しずつ語学の勉強を進めてみてはいかがでしょうか。

Page Top