前へ
次へ

美容の用品に表示されている英語について

現在も昔も美容において永遠のテーマである。
何歳になっても美しくいたいというものである。
化粧品や美顔器などの器具、サプリメントやエステサロン、食品までもがあふれている。
たくさんある中で自分にあったものを選ぶというのは大変だが、その選ぶ基準となるのは一体なんであろうか。
テレビで見たり、誰かから聞いたりするのがいちばん多いであろう。
しかしわたしはひとつに英語の表記であるものもあるとおもう。
スタイリッシュなネーミングや覚えやすい発音もそこに含まれてくると思う。
売店に行くと、日本語表記されていても隣に英語表記されていたり、ローマ字で書かれていたりするではないか。
今や国産なのか海外製なのかわからなくなる。

海外の美容業界で活躍する

海外で美容師として活躍している日本人は珍しくありません。
高い技術で現地の人に信頼されています。
近年、日本人のファッションや髪型が注目されていますから、同じようにして欲しいと考えている外国人もいます。
海外の美容学校で英語の授業を受けて美容師免許と英語力を同時に取得することが出来ます。
しかしこの場合、金銭面で難しい人もいるでしょう。
難しい人は日本の美容学校で資格を取得します。
授業で外国人講師による英語授業を実施している学校も多くあるので、ネイティブの発音を学ぶこのが可能です。
また国内での経験も重要です。
経験のない場合、雇って貰うことは不可能と考えたほうがいいです。
日本で十分な経験を積んでから、渡航準備に入ることをお勧めします。

Page Top