前へ
次へ

美容の用語には英語が沢山あります。

美容に関する用語は、非常に沢山存在しています。
例えば、お肌の事で言えば、美白ケアや角質ケア、毛穴ケア、はり、弾力のケア等と言った用語も美容の用語です。
他にも、アンチエイジングに、ボトックスといったものもそうです。
お肌の言葉だけに関わらず、例えば、ネイルについてもそうです。
ネイルケアやケアに使用するケアオイルもそうです。
ジェルネイルやスカルプチュアもそうです。
そして、他にもヘアケアについてもそうです。
そう考えてみると、美容の用語には、英語がつきもの、非常に多い事がわかると思います。
上記のヘアケアについても、美容室では、毛染め、というよりはカラーリングの方が馴染みだったりします。
英語を使用した方が、お若い方にはわかりやすい時代なのかも知れません。

英語でダイエットは違う意味

美容関連の英語での間違いはよくあります。
例えば日本でいうダイエットとは体重を落とすという意味ですが、英語圏でのdietは食生活という意味です。
菜食主義の人はベジタリアンダイエットvegetarian dietをしていると言いますし、ココナッツを取り入れて美容を保とうとしている人はココナッツダイエットcoconuts dietをしていると、きちんと何々ダイエットでの食生活を実践してると細かく言うのです。
もし私はダイエットしてるよ、などと人に言うと、だからそれがどんな食生活でどういう風に改善するのって必ず聞かれます。
体重を落とすだけの目的でダイエットをするというより、筋肉や体力をつけたり、自身の信念を達成するための場合もあります。

Page Top