前へ
次へ

英語が話せる美容師がいるお店

最近、海外からの旅行客も増えてきている日本。
ホテルや観光地では、英語が話せる人も常駐していますが、街のあちこちで話せる人がいるかどうかと言えば、そうたくさんはいないでしょう。
海外からの旅行者と限らず、日本で生活している外国人も多いもの。
これからは、英語が話せる人が増えていくとは思いますが、例えば美容院などの店舗でも英会話ができる人がいたらいいと思うのです。
自分の思うようにカットしてもらうとき、微妙な表現をすることがあります。
襟足にかからないようにとか毛先を軽くしてほしいなど、なかなか表現できずに、美容師にうまく伝えられないこともあるでしょう。
まして、日本語が話せない外国人ならなおのこと。
ですから今後は、英語が話せる人がいる美容院があってもおもしろそうです。

美容学校で英語も学ぶ

このブローバル化社会においては、英語が必須となっている現状があります。
大手の美容専門学校では、カリキュラムの中にアメリカへの留学を取り入れています。
アメリカでホームステイをする中において、美容カレッジに通学し、そこでは技術を専門的に学ぶプログラムになっています。
そのカレッジには、アメリカの各地域から現地の人たちも、美容技術を学びにやってくるため、レッスンの内容も英語で行われます。
日本からの生徒も、耳から、そして自分の口から英語を発する機会が与えられる訳です。
生徒にとっては、またとないチャンスですので、非常に勉強になります。
この様な試みは、各美容学校において方針の違いがあるため、英語習得も同時に兼ねている学校などはまだ少ないというのが現状の様です。

Page Top