前へ
次へ

英語力を磨いて、顧客獲得

接客業に従事している人にとって英語は重要です。
訪日外国人の数は増え続けていますから、いかに観光客を獲得するかが今後の利益拡大のポイントになります。
世界の共通言語は英語と言って差し支えないですが、英会話だ出来る従業員がいるかいないかで大きく変わってきます。
これは美容業界も同じです。
日本のネイルアートやヘアスタイルは注目されています。
長期旅行者であるならば、ネイルササロンや美容院に立ち寄って貰うことは難しくありません。
しかし英語が話せるスタッフがいた場合に限られます。
細かなニーズに応える仕事なので、単語を並べるだけでは、お客様を満足させることは困難です。
美容関連英語や簡単なコミュニケーションが取れるくらいの能力は身に付ける努力が必須です。

美容院における英語研修について探る

現在、日本には多くの外国人が居住しています。
特に東京や大阪などの都心部においては、多くの外国人が日本語や英語を通じて国内の日本人と会話をしています。
そういった生活の中では、多くの外国人の人たちも美容院などへ行く機会が生じる様になります。
外国人の多い都市部の美容院では、できるだけ外国人客とダイレクトに英語で話し、要望を聞いてあげる必要性も生じます。
ヘアースタイルを決めたり、カットをどこまで行うのかなど、英語でのやり取りに応じる場面が生じます。
そのため、外国人客の多い美容院では、海外への研修などを実施して、ヘアー技術の他にも、英語を同時に学ばせるなども行っています。
グローバル化社会の波は、美容の世界にも押し寄せているといえます。

Page Top