前へ
次へ

英語を活かす仕事:美容師

英語の出来る美容師の求人が多くあります。
日本国内はもとより、海外からも求人があります。
日系人が多い地区はもちろんのこと、現地の人ばかりの地域でも求人があるのは、日本人の技術力の需要が高いからです。
アメリカの求人が多くなっています。
日本人駐在員やその家族、日系人も多いですし、現在アメリカで美容師として働いている日本人美容師の評判も良いからです。
日本とは違い多人種の国ですから扱ったことのない髪質であることもあります。
水質の違いもありますから、始めは戸惑うことも多くあるはずです。
曖昧な説明では通じないこともあります。
しかし違う文化を経験することは美容師としての幅を広くしてくれることは間違いありません。

美容に関する英語をマスターして世界で活躍

英語で美容について話せることは、美容業界の方にとって大切なことですし、仕事の幅が広がり、海外でも活躍出来るチャンスが巡ってきます。
美容英語を学ぶための本、ベーシック・ビューティ英語には、お客様とスタッフがよく使用する会話表現や、役に立つ表現が満載ですので、これをマスターすれば外国のお客様が来店された時でも慌てることがなく安心です。
この本はプロフェッショナルチームによって作成されていて、会話を学ぶ日本人向けになっています。
見やすいフルカラーの本で、勉強意欲が湧きます。
CD付きなので、目と耳で確実に美容に関する会話をマスター出来ます。
日本人が間違えやすいフレーズなども掲載していますので、正しく英語が使えるようになります。

Page Top