前へ
次へ

日本の美容関連商品について

皆さんは日頃、様々な場所でショッピングをされている事と思います。
毎日スーパーで食材を買い、ドラックストアで風邪薬を買い、週末にはショッピングモールで洋服を買います。
ところで、あなたは美容に関する商品はどこで買っていますか。
すぐに頭に浮かんだでしょうか。
日本における美容の商品は人により買う場所がかなり様々なようです。
例えばスーパー、ドラックストア、ショッピングモール、どこにでも売っています。
またネットショッピングをする方も多い事でしょう。
海外では親が使用している製品を代々受け継いだりという事もよく耳にします。
しかし日本における美容化粧品、英語で言うのであればコスメ事情は多様化し良い面と悪い面がかなり分かれているように感じます。
シャンプー難民などもここ最近よく耳にします。
華やかな女優さんの出てくるCMや広告、雑誌で紹介されるランキングなど広告費用と製品の値段も釣り合ってなければ、誰が決めたのかと思われるランキングに皆さんは騙されてないでしょうか。
私たち日本人は、自分たちで見極める目を養うべきではないでしょうか。

英語に対応する美容室

現在、日本には在留外国人が約200万人いるといわれています。
今後、グローバル化によってより多くの外国人が日本に住むことになることは容易に考えられます。
日本に住む外国人が生活面でより快適に暮らしていけるかどうかも今後、考えていかなければならないことであると思います。
そんななか、大阪の心斎橋にある美容室では、英語が話せるスタイリストがおり、言葉の壁を越えて、さまざまなお客様の希望のヘアスタイルを提供しています。
言葉が通じないことでコミュニケーションがとれず、思い通りにならないことも多いという外国人のために、少しでも希望のヘアスタイルになるように取り組んでいる美容室も少しずつながら増えてきているようです。

Page Top